FC2ブログ

Loving ART !

線で描く日々のこと

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

F10

ウォーターフォードホワイトのF10サイズを見つけましたっ!!

Image1497_convert_20101212203541.jpg

夏に画材屋さんで取り寄せをお願いしたところ、

「ウォーターフォードホワイトはF8までしかないですね~。」

と、紙のカタログを見せてくれながら言われたので、
もしかしたら嬉しい新商品かも☆

ずっと欲しかったものに、でもないんだなぁと思っていたものに出会えました☆

良かったぁ~☆


 ここからは前に書いた紙の保存方法について追記です。
        ~ホルベインのカタログより~

1 劣化しにくい中性の水彩紙を使用し、温度・湿度を一定に保つ。
 (温度15度~24度、湿度40%~50%が理想)
 ※除湿剤の使用は湿度を保つ方法として有効です。
  薬剤が直接紙に触れないようにしてください。

2 紙に斑点や変色を生じさせる原因となる空気中の雑菌や虫などを遮断する。
 (購入時のPP袋のまま保管が良い)

3 紫外線が紙を劣化させるので、日光・ライトなどが直接当たらない場所に保管する。
 (当たる場所では日除けカバーをしておく)

とのことでした。
今まで何となく保管していたスケッチブックですが、勉強になりましたっ!

| 画材 | 20:34 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

紙が風邪をひく

「この紙、いつもと塗った感じが違うんです、
絵の具が滲んで上手く塗れなくて…。」

と、ある方に言われ作品を見てみると、絵の具が紙の裏にまで滲み出て
所々にポツポツと斑点もある。

紙の不良品?
と思っていると、ある方が

「紙が風邪をひいたんじゃないですか?」と一言。

初めて聞く言葉。
調べてみると…、

紙が風邪をひくとは… 高湿度の環境や、長時間の保管で、
ドーサ(滲み止め)が紙の奥に染み込んでしまい
表面の滲み止めの効果がなくなってしまうこと。

絵の具を塗ると、絵の具を弾くところと染み付いてしまうところが混在し、
ムラになってしまうんだそう。

あっ!これ、私も経験ありました。

     縺・&縺朱、ィ_convert_20101207223811

この絵の~

縺励∩_convert_20101207224031

シミのようなものが出来てしまってます…。

いつも通り塗ってるのに自分の意と反してムラが出来てしまって、
一度しみこんでしまったところはどうしても直せない…。

これはmarumanの黒い表紙のスケッチブックで、
1冊の中に何枚かこのようになってしまうものがありました。

現在は製造中止になった水彩紙のワットマンも風邪をひきやすい紙だったようです。

買ったばかりの紙でこうなってしまったら、ショック…。
レシート持ってったらちゃんとした紙と交換してくれないかな?

| 画材 | 23:43 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

画材 ~紙~

画材について、ぼちぼち まとめていこうと思います 

今回はスケッチブックについてです。
私が良く使っているものをピックアップしました。

画材は、人によって使い心地が違いますので、
あくまでも個人的な意見としてご参考まで~。

(画像をクリックすると大きくなります)

繧ウ繝斐・+・・IMG_NEW_NEW_convert_20100908233207

作品としてきちんと仕上げたいときは、
ウォーターフォード(ホワイト)かアルシュ(細目)。

気楽に描きたいときは、
ドローイングブックのほかに maruman LINEN COVER や、
無印良品の画用紙も使ってます。

色々試してみて、自分が感覚的に「描きやすいな☆」と
思うものに出会えたら、描くのがますます楽しくなるでしょう。

| 画材 | 23:20 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |